日本経済新聞 関連サイト

スーパーパワー Gゼロ時代のアメリカの選択
 

スーパーパワー Gゼロ時代のアメリカの選択
アメリカは「マネーボール」式で復活できる

貧乏球団アスレチックスを常勝チームに変えた実話に基づく小説「マネーボール」。ブレマー氏はアメリカがとるべき第2の選択肢として、最小の投資で最大の効果をあげる「マネーボール」の手法を提示する。超合理的で冷徹な現状分析に基づき、自らの国益にかなう政策を実行していくというものだ。

肖敏捷の忠言逆耳
 

肖敏捷の忠言逆耳
チャイナ・ショック再燃!?「L」字景気に突入する中国経済をどう見るべきか

2016年に入ってから、「中国減速」という表現を目にしない日はない。株価や原油価格の下落、企業業績悪化などの原因として「中国減速」を挙げる関係者が急増しているためだ。1月3日、中国証券監督管理委員会が株価の急落を防ぐために導入したサーキットブレーカー制度は、逆に株式市場の暴落を誘発し、わずか4営業日で停止に追い込まれた。

良い株主 悪い株主
 

良い株主 悪い株主
本当に企業価値を高める株主とは

「良い株主」「悪い株主」を考える場合、誰にとって良いか悪いかによって、判断基準や結果が異なる。経営者にとっては、経営に口を出さず、お金だけ出してくれる株主が望ましいだろう。一方、機関投資家を対象にした調査では、経営者に中長期的な観点から経営内容へのアドバイスができる投資家が最も望ましいとの結果が出た。本当に企業価値を高めるのは誰なのか。

なぜか売れる 営業の超思考
 

なぜか売れる 営業の超思考
営業氷河期だからこそ、商売の基本は変えない

最近、「ますます営業がしにくくなった」という声をよく耳にします。しかし、だからといって、商売の本質そのものをブレさせてしまうのはもっとマズい。どんなに時代が変化しても、「①知る、②超える、③動く」という成功の方程式を変えたり、おろそかにしたりしてはいけないのです。

スーパーパワー Gゼロ時代のアメリカの選択

新着情報

PICKUP[PR]

インタビュー

インタビュー一覧

注目のコンテンツ